孔子の里 紅葉まつり

投稿日:2015年11月09日

もみじまつり写真_R

11月14日(土曜日)から11月23日(月曜日)までの10日間、多久町の西渓公園にて「孔子の里 紅葉まつり」が開催されます。

会場となる西渓公園は、佐賀県でも有数の紅葉の名所に数えられています。

 

期間中を通して、音楽や郷土芸能などを日替わりでご紹介します。また、普段は中に入れない国登録有形文化財の「寒鶯亭」を特別無料開放していますので、休憩所として利用することができます。室内からはまた違った美しさの紅葉が楽しめます。

 

また、「寒鶯亭」では、人形・七宝焼の展示販売や甘酒の販売を行います。西渓公園前駐車場では地元で採れた野菜などの特産品やお酒などの販売が行われます。

 

初日の14日(土曜日)は、オープニングイベントとして「郷土芸能」をテーマに、多久東部大鼓による和太鼓の演奏や孔子の里 獅子舞の演舞などが行われます。寒鶯亭内では午前11時30分より、趙勇さんによる美しい音色をかなでる揚琴の演奏を無料でお楽しみいただけます。先着100名様にはまんじゅうのプレゼントを行われます。

さらに、当日オープニングイベントにお越しいただいた先着80名様には学問の木と呼ばれる「楷樹」の苗木をプレゼントがあります。

 

 15日(日曜日)は市内の保育園の園児の皆さんによる出し物のほか、中西隆二&vivimosらいぶやおやじバンドらいぶ等が行われます。

 

 21日(土曜日)・22日(日曜日)には「もみじgarden market」を行われます。両日ともおよそ20ブースが並び、ハンドメイド雑貨やアクセサリー、焼き菓子などを販売されます。可愛い小物なども並びますのでお子さんや女性の方にもよろこんでいただけるかと思います。

 

23日(月曜日)は「秋のわくわくわーくしょっぷ」と題して、竹細工体験やくるみボタン作り、太極拳体験のほかもみじや秋にちなんだ体験など様々な体験型のイベントがご用意されています。

 

主催:孔子の里 紅葉・桜まつり実行委員会

問い合わせ:多久市観光協会 0952-74-2502